IMPRESSION

ヘタクソアルペンボーダーの道具に依存したインプレと、 方向音痴オフロードバイク乗りの林道迷走日記

SHR

あくせるさんw

メーカーも亡い事だし、思った事をそのまま好きに書いてみようかと思います。
特に不都合も故障も無く長い間使えたワケでして、私的には良いモノだと思います。
110512+(4)_convert_20110512105124.jpg
左がAY20。硬さ中位のモデルを可動式トゥーベイルに変更したもの。
左がAZ20S。SHRで最も硬い最上位モデルです。末尾のSはシュリケンのSですが御覧の通りドナドナ済みです。

こ2つ、個人的にAZの方をメインで使用してますが、滑ってて何かハッキリと違いを感じる所までは変わらないです。
G-STYLEではAZに相当するモデルは未発売(多分)
ベースプレートもセンターディスクも違いますが、入れ替えても劇的な変化はありません。

体制的にこの2台の標準装備や、意外と豊富なwその他オプションを使って、
色々な組み合わせが可能なので、ゴチャゴチャと組み替えながら滑ってます。
それなりに色々組換えを試した後、以降は2つとも上の画像での状態に落ち着いています。

前半に要点を書きますが、特殊な操作感が無く、嫌な硬さも無く、重量も普通の範囲内なので、長く付き合えるビンディングかと思いますw
メーカーの人と話した時に「ウチのビンディングは絶対壊れません」と豪語してた通り(3度の薄いカント以外は)破損した事がありません。丈夫です。

INTECより雪詰まりがあるとすれば、ヒールアダプターのソールの溝か、若しくはプラの材質のせいかと思われます。
歩いて磨り減って毛羽立つほど、雪が付着する様になる気がします。
と言っても雪の付着やステップイン失敗の確率はINTECもSHRも変わらないと思いますので、どちらも滑りだす前に必ず目視でのご確認をされるのが良ろしいかとw

インプレはメリット以上にデメリットがあるかどうかを知りたいと思います。
以下、使っていて思った事徒然書いていきますが、決定的なモノは無いので余り気にしなくても良いレベルです(^_^
110512+(9)_convert_20110512113915.jpg
AZの方が良いと思う1番の理由ですが、上の画像、AYのベースプレートとカントパーツの間に隙間が見えますか?
この隙間、左右方向へのフレックスになるとポジティブに考える事もアリですが、自分は設計ミスだと思います。
3度の薄いカントだと極く偶にですが割れる事があります。(6度カントなら厚いので割れません)
偶になので「スペア持ってれば安心かな?」レベルですが、この隙間のせいでネジも緩み易い気がします。
ベース側にクッション付きテープを貼って埋めれば解消しそうですが、今は全く気にしてないのでやってません。

110512+(5)_convert_20110512120951.jpg
可動式ベイル。
通常写真の位置で起きてますが、失敗して蹴ってしまうとですね…倒れて手で起こさないといけなくなります。
切れた事はありませんし、切れたと言う話を聞いた事もありません。

110512+(6)_convert_20110512121333.jpg
固定式ベイル(オススメ)
蹴ろうが何しようがウンとも切れたりもしない強固なヤツなので、とっても安心です。
後足だけこれにするのも良いかと思います。
パイプ部分の端が鋭くなっている出来のものがあるので、ヤスリで丸めておくと指を切らずに済みます。

110512 (3)
固定ベールは全く動かないので、ブーツとの隙間が大きく出来てしまう場合にスペーサーを使用します。
固定ベールのセットなら付いてきます。
少し動く位の隙間が有った方が良いので、DEELUXEのINDYとSUZUKAでは使ってません。
upzも必要ないです。
この位置が低いHEADやBurtonのブーツには必須かと思います。

110512+(1)_convert_20110512122638.jpg
15mmリフトアップ。
20mm以上ヒールアップする場合必要になるオプションです。
重量増加と取り外しが面倒なので使ってません。

110512+(13)_convert_20110512123252.jpg
レバーエクステンション。
オプションです。
有るとかなり楽ですが、体が柔らかく屈むのが苦にならない人は無くても良いかも?
黄色は貴重なので見付けたら買いです。

110512+(2)_convert_20110512123732.jpg
ソフトダンパー。
オプションです。
違いが解らない… 白くてスグ汚れるので売却し難いです orz

110512 (17)
3Dセンターディスク。
BurtonやR-17の板を使うなら是非欲しいです。
しかし、旧SHR以前ベースの物にしか使えません。一見使えちゃいそうですが、裏の形状が全く違います(TxT;
後期SHRに使える3Dディスクの存在を確認しました(2011年11月訂正)

110512.jpg
その他、M-PROTO用パーツ。
一見流用できそうですが、ほぼ全く使えません orz

110512+(12)_convert_20110512125735.jpg
そしてSYURIKEN。
厚さによってⅠとⅡ、レギュラー用とグーフィー用があります。

このSYURIKEN自体に全く柔軟性が無く、ビンディング自体の使用感が偉く硬くなり、雪面からのインフォが無くなります。
薄いタイプのSHURIKENⅡですらかなり重いです。
プレートブームな現在なら、重い硬いは両方とも当然のデメリットですが、当時は直ぐ嫌になって売りました。
最大の売りである『ボードのフレックス妨げない』も、理論的には正しいと思うのですが何故だか其の効果は感じられません。
その割りには、ボードが折れやすくなるデメリットが付いてきます。(←主観ですw)

今もまだ持っていたら、SYRIKENの上にアルミ板を繋いで乗せて『エセ非可動フローティングメタプレート』をやってみたかったです(-w-

110512+(11)_convert_20110512142351.jpg
まるで間違い探しの様なラインナップ。
メーカーの説明は抽象的なので、違いを文字にすると…
AZ20 : 硬ベースに金属センターディスクと固定ベイル。
99R : 硬いベースに金属センターディスクと可動式ベイル。
02R : 硬いベースに金属センターディスクとクリップ式ベイル。
AY20 : 中くらいのベースにプラのディスクと固定式ベイル。
9U : スリットが開いた柔らか目のベースにプラのディスクと可動式ベイル。
01X : 中くらいのベースにプラのディスクとクリップ式ベイル。
01 : 今現在不明

2011/12/14 追記です。

設定によってはカント・リフトの凸を削らないとならないので紹介します。
(もし、最後期型やG-STYLEで改善されていたらごめんなさい)
では、現在私が使用してるビンをバラしてみましょう。

111214shr.jpg
??おっと!!いきなりリフトパーツが割れていた(;Д;)
たまには外して点検した方が良いですね…

ま、それは置いといてw(ア■ンアルファで着けときましたwいま乾かしてます)
111214shr (4)
賽の目の五みたいになっている真ん中のポッチを削ります。
手前が削ってないリフト。その次が削ったリフト。最奥がステップインです。

111214shr (3)
裏側から見たステップ。
真ん中の凹みから金属の棒が見えてますが、ブロック最上段に来るリフトを削らないと、あそこに当たるワケです。
(※もし当たらない場合削らないでねw) 

※記事は訂正・更新されます。
※「そんな事が聞きたいんじゃない」「いいや、間違っとる。けしからん」などのご意見等はコメまで。

テーマ:スノーボード - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/05/16(月) 13:00:00|
  2. アルペンとかフリースタイルとか
  3. | コメント:4
<<’サービスキャンペーン’終わりました | ホーム | 楠線周辺>>

コメント

あくせるさん

いえいえこちらこそ有り難うございますm(__)m
割れていたのに気付いたので、この機会にばらしといて良かったし、
カントの隙間とリフトの凸が改善されてると思ってなかったので、
それが分かったのがこちらにとってかなり収穫でありますe-68
逆にあくせるさんにとっては蛇足になってしまいました(汗)スミマセンi-201
  1. 2011/12/14(水) 11:44:30 |
  2. URL |
  3. DRAGS-007 #uex3/g4E
  4. [ 編集]

ありがとうございます!!!2

分解していただいて写真まで撮っていただいてありがとうございます。
いつもいつもホントに助かってます(^^)
幸いなことに、自分の購入分は干渉がありませんでした。
あと、AYのところで書かれていた
ベースプレートとカントパーツの隙間も大丈夫でした。
DRAGS-007さんご想像の通り、地味~に改良されてるんですかね(^^)
昨日ちょこっと組み上げてみたんですが、
早く滑りたい衝動に駆られてます(^^)
  1. 2011/12/14(水) 10:00:19 |
  2. URL |
  3. あくせる #2ya7jnyc
  4. [ 編集]

あくせるさん

コメありがとうございます(^^

M-protoハーフを使われてたなら、爪先側の倒れ具合やその他質感は御経験済みですよねv-278
固定ベイルの高さは、あくせるさんの思ってらっしゃる通り、DEEを基準に造ってあると思われます。
G-STYLEのオプションとして継続されてるので新品でも購入できます。

G-STYLEも3種くらいのラインナップに増えてるみたいなので、自分の方でも再度見直してみます。

お返しは、今期あくせるさんはバッジテストにチャレンジしてた記事が、とても興味深く読ませていただきましたのでwもう先に貰ってる様な感じですe-68
  1. 2011/05/17(火) 09:10:52 |
  2. URL |
  3. DRAGS-007 #uex3/g4E
  4. [ 編集]

ありがとうございます!

素晴らしい、素晴らしいですよDRAGS-007さん(^^)
こういう情報が欲しくて欲しくて...まさにブログのタイトル通りです。

自分はハードバインディングはニデッカーのレイヴについてたオマケ(^^)と、
M-PROTOのHALFと、ライケルのX-Bone INTECカーボンしか知らなくて、
経験値が少ないんですよね。ほんと、ありがたいです。

>>>特殊な操作感が無く、嫌な硬さも無く、重量も普通の範囲なので、
>>>長く付き合えるビンディングかとw

これを聞けただけで凄く安心感がありますね。

>>>INTECより雪詰まりがあるとすれば

これ、よくよく考えるとですねー、自分は後足装着前に、
デッキパッドにカカトをバンバン叩きつけて雪を落とすクセがついてて、
でも、G-STYLE使ってるイントラのかたはそんな粗忽(^^)なことはされずに
そっと着けられるので、
それで雪詰まりしやすいと勘違いしてた気がします。

固定式ベールも、DEELUXEブーツを使うなら別売で選択できるようなので、
これは買いですよね。可動式は自分は間違いなく踏んづけてイラっとしそう(^^)


しかし、画像もたくさん掲載していただいて、メリットもデメリットも、
その使用感やパーツの互換までもお書きいただいて感謝感激です。
ここまで解説されたブログ記事があったでしょうか?絶対ないですよ。
しかも実際に使用された生の声ですから信頼性抜群です。

本当にありがとうございました。
自分も何か記事でお返ししなくちゃ(^^)
  1. 2011/05/16(月) 18:49:27 |
  2. URL |
  3. あくせる #2ya7jnyc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

歯車時計(黒)

プロフィール

DRAGS-007

Author:DRAGS-007
種族:試乗大好きアルペンボーダー
レベル:上達心停止状態
生息地:緩斜面や勘違いバーン
好物:砂利道、坂道、洞穴、ダムカ、etc

記事に関する御意見/クレームは[コメント]へお願いします。どなたでも古い記事でもお気軽にどうぞ!

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ