IMPRESSION

ヘタクソアルペンボーダーの道具に依存したインプレと、 方向音痴オフロードバイク乗りの林道迷走日記

廃トン

続きです。
299→正丸→成木→青梅を通って、勘を頼りに奥多摩に到着です。
イイんです。距離稼ぐのが目的だから(-_-;

haiton+(1)_convert_20090824110742.jpg
本日の目的地、廃トンネルです。
休憩するにしても一つ上にある駐車場に停まるので、ずっとこんな所は素通りでした。
因みに、前に写ってるビクスクのオサレお兄さんは他人です。装備を直してるだけです。

haiton+(3)_convert_20090824110936.jpg
バイクを置いてアプローチします。

haiton+(5)_convert_20090824111020.jpg
下から見えてた廃橋に楽々w到着。
道路から激近だけあって、心理的負担はかなり少な目です。

haiton+(7)_convert_20090824111129.jpg
橋の左側、直ぐの位置にトンネル(大)がございます。

haiton+(9)_convert_20090824111225.jpg
トンネル入り口に立ちます。
向こう側が全く見えません

haiton+(10)_convert_20090824111301.jpg
くどくど悩みながら、10メートル~20メートル位奥に進入してみた所。
写真では内壁の模様まで映ってますが、フラッシュを焚いてるからです。
そのままだと完全に闇の中。この辺が入り口からの光が届く境界で、先には出口のデの字も見えません。





haiton+(6)_convert_20090824114617.jpg
もーこれ以上は無理!!Σ(ノ∀`)ペシッ
引き返して、さっきの橋を渡る事にします。
土が堆積して草が生えるのは当たり前なんでしょうが、この橋の上にはが生えちゃってます。

haiton+ (4)
橋の上からバイクを停めた場所を見降ろすの図。

haiton+ (5)
( ゚Д゚)「線~路は続く~よ何処までも~
…大して続かないんですけどね…
闇のトンネル(大)の奥には無限に続いてるかも知れません

haiton+ (8)
暫らく進むとトンネル(小)が出現。

haiton+ (9)
向こう側も見えるし、明るくてフレンドリィなトンネル(小)
悪く言うと、面白みに欠けます(´∀`*)

haiton+ (10)
実際入ってみると、ちょっと不気味でした。
廃材も有り。

haiton+ (12)
トンネル(小)を抜けると鉄橋です。道路の上を跨いでいます。
危ないので渡らない方が良いでしょう。

haiton+ (11)
端っ子は鉄骨ですが、真ん中の枕木は腐れ気味なので、渡らない方が良いでしょう。

haiton+ (13)
だから渡っても行き止まり(?)だし意味無いです…
この藪に突入するフロンティアスピリットなど勿論有りません。サッサと次の目的地へ向かいます。

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/08/25(火) 09:00:00|
  2. オートバイで林道とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<日原街道 | ホーム | 権現堂線>>

コメント

パワフルママさん

制覇できなかったので豚さんになってるかは不明でしたw
もしかしたらなってるかもi-282

夜は足場も悪いのでムリムリっスi-201昼間でも怖かったです(^_^;
  1. 2009/09/04(金) 13:12:04 |
  2. URL |
  3. DRAGS-007 #uex3/g4E
  4. [ 編集]

いろぃろなトコロへ行ってますねぇ~!!!
そのトンネル・・・。抜けると豚さんになってなかったですか?!(●≧∇≦)ノ

絶対に夜はいけなぃ行ってはいけなぃ場所ですね(*/□\*)
  1. 2009/09/03(木) 21:52:50 |
  2. URL |
  3. パワフルママ #-
  4. [ 編集]

wooさん

帰ってきてから、調べてみました(^^)
この線は、小河内ダムを建設する際、資材を運搬する為に敷かれたものらしいです。
奥多摩むかし道の一部として開放されてた期間もあるらしいです。
奥多摩駅からダムまで残ってるみたいですが、断続的に閉鎖されてるのが残念です。

>京都の某廃トンは途中崩落していました。
お互い、安全には気を付けたいですね(^_^;
以前教えて頂いた秩父の線にも、時間を作って訪れようと思ってます。
  1. 2009/08/27(木) 09:30:03 |
  2. URL |
  3. DRAGS-007 #uex3/g4E
  4. [ 編集]

 おお、すごいところ行ってられますねえ!
 この廃線はどういう線路だったのでしょう。まだ線路そのものがあるから戦後廃線になったのかな。

 まっくらなトンネルは懐中電灯を持っててもこわい、京都の某廃トンは途中崩落していました。
  1. 2009/08/26(水) 22:08:19 |
  2. URL |
  3. woo #-
  4. [ 編集]

o様。

>なんか変なもん連れて
霊的な事に全く疎い私でも、同じような事考えてしまいます(^_^;

ドっキドキ・ワっクワクするならヒトリストが良いですよ~e-68
連れが居ると殆ど怖くないと思います。
でも今回の様に「怖くなっちゃったから今日はここまで」となる場合も多いですけどねw
  1. 2009/08/26(水) 09:23:57 |
  2. URL |
  3. DRAGS-007 #uex3/g4E
  4. [ 編集]

魅風さん

私も行ってる時はオッカナビックリでした。
もう少し度胸と、きちんと下準備する頭があればもっと奥に行けたんでしょうけど(^_^;

でも「怖い」と思う気持ちは大事ですよね。
何よりも、怪我無く無事に家に帰る事が一番ですe-68
v-512安全第一
  1. 2009/08/26(水) 09:14:29 |
  2. URL |
  3. DRAGS-007 #uex3/g4E
  4. [ 編集]

あくせるさん

釜トン調べてみました。
これはー(-0-;i-201i-201i-201
知れば知るほど凄いですね~w何から何まで正に伝説と呼ぶに相応しい。
旧の方を走った御経験があるなんて、妬ましい、いや羨ましい限りです(v-360_v-360
思ってた通り、教えて貰ってかなりヨカッタですe-68感謝!
  1. 2009/08/26(水) 09:07:59 |
  2. URL |
  3. DRAGS-007 #uex3/g4E
  4. [ 編集]

ヒトリスト大好きなボクもこういった類のトコは遠慮したい
なんか変なもん連れて帰ってきそうだし((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
  1. 2009/08/25(火) 19:38:31 |
  2. URL |
  3. o様。 #-
  4. [ 編集]

ドキドキしてみてました!
写真なのに緊張!
きゃぁ~って今にも・・・
こわ~い
  1. 2009/08/25(火) 17:03:48 |
  2. URL |
  3. 魅風 #-
  4. [ 編集]

ちなみに...

自分が釜トンネルを通ったのは26年前。
今は新しいトンネルに付け変わっているようです。
昔は壁が素堀で岩ゴツゴツで、それだけでも恐怖心MAXでした。
その旧トンネルは廃トンネルになってるようなので、
ドラ7さんの探求心をくすぐると言えるかも(^^)
  1. 2009/08/25(火) 14:58:14 |
  2. URL |
  3. あくせる #2ya7jnyc
  4. [ 編集]

あくせるさん

懐中電灯を持っていかなかった事にハゲしく後悔しました。
でもサポート無しのソロなので「危険ならスグ諦める」がモットーです(^_^;
この後行った場所でも途中挫折してますしw
ツーリング仲間が増えそうなんで、そしたらもっと突っ込んだ事もできるかもです。

>上高地の釜トンネル
↑チェックしてみます。こういう情報って、例え行けなくても有り難いですe-68
  1. 2009/08/25(火) 11:04:35 |
  2. URL |
  3. DRAGS-007 #uex3/g4E
  4. [ 編集]

なんだかんだ言ってドラ7さんは常に怖いとこ求めて行ってる気がします(^^)
「廃」「暗」←こういう漢字怖くてキライ(^^)
もちろんトンネルも...
今までいちばん怖かったのは上高地の釜トンネルですねー。
「出る」ってウワサだし。
トンネルのくせにきつい上り坂だし、路面は水浸しでタイヤ滑って自転車登らんし...
あ、ちょっと話が逸れました(^^)
  1. 2009/08/25(火) 10:44:00 |
  2. URL |
  3. あくせる #2ya7jnyc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ac105x.blog107.fc2.com/tb.php/324-c7b04931
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

歯車時計(黒)

プロフィール

DRAGS-007

Author:DRAGS-007
種族:試乗大好きアルペンボーダー
レベル:上達心停止状態
生息地:緩斜面や勘違いバーン
好物:砂利道、坂道、洞穴、ダムカ、etc

記事に関する御意見/クレームは[コメント]へお願いします。どなたでも古い記事でもお気軽にどうぞ!

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ