IMPRESSION

ヘタクソアルペンボーダーの道具に依存したインプレと、 方向音痴オフロードバイク乗りの林道迷走日記

ヒルクライムスポット①のぼる編

この日のメインイベント、ヒルクライムです。
刈場坂から走って、意外とスグ見付ける事が出来ました。
youtubeにも動画が転がってるので、この辺じゃ結構有名な所なんだと思います。
090517hk.jpg
入り口にて
(_д_)。o0○「入ろうか?入るまいか?それが先ず問題だ
「誰か御同類来ないかなぁー」とか考えながらチョット一服しながら待ちますが、朝早いので誰も来ません。

090517hk (1)
バイクを停めて様子を見に行きます。
左の溝に沿ってから行くか?右の岩に乗って攻めるか?

090517hk (2)
次に、上から見たS字
ここでは失速しないようにしないとな…

090517hk (3)
また2択
左下から行くか?右上から行くか?

090517hk (5)
更にまた2択
一見、真ん中の溝の1択に見えるが、左端の上部から行こうかな?
(・∀・)「なんだかイケそうな気がする~

090517hk (6)
(;´∀`)「入ってきちゃった…」
ここは2枚目と3枚目の写真を超えた辺り。

090517hk (7)
走ってる間、バイクにしがみ付いているので、途中の写真はありません。
ここは下見した区間(写真5枚目)を越えて、勾配が更にキツくなり始めた所。
木が横に覆ってる先が壁に見えます。
ここまででも『腕』と言うより、『400のトルクのお蔭』で登って来れたと言った感じ。

090517hk (8)
木を超えた所。
この辺まで来ましたが、脳内危険センサーがフル警告を発して停車。
停まると、両足着いて踏ん張ってるにも関わらず、後方にズズズッと滑落して行きます。
Σ(;゚*゚))))「ヤババババィ~バイ・バイー」←判断を誤って安全圏を超えました(爆)

少しでも傾いたらコケ確定なので、坂に対してバイクを真っ直ぐ向けながらガマン

自然落下が止まるまで硬直

停止した後、そろっと降車して多重切り返し!

サイドの林の中へ逃げ込んで、危険回避成功!

誰も周りに居ませんが、もし傍から見てたらかなりカッコ悪いです
それ以前に、誰か見てるとしたら遠慮無く助けて貰いますが…
(※ハンドルにしがみつくだけでイッパイイッパイだったので、この1枚は後でバイク降りてから撮った物です)

『おりる編』に続きます…

テーマ:オフロードバイク関連 - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/05/20(水) 09:00:00|
  2. オートバイで林道とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ヒルクライムスポット②くだる編 | ホーム | リサイクル店にてアルペンボードを物色>>

コメント

あくせるさん

一見、イケそうなんだけど、登ってみるとキツイ。そんな感じの角度でした(^^;
頂上寸前の角度はスキー場で言うと、上級コースな感じです。
写真がもっと上手ければ雰囲気を伝えられるのですが…

そうなんですオートバイだと…(笑
次はMTBでハイクして、下りは乗って降りてみようかな?w
  1. 2009/05/20(水) 11:50:34 |
  2. URL |
  3. DRAGS-007 #uex3/g4E
  4. [ 編集]

斜度って、写真に撮るとなかなか表せないものですけど
実際にはカベのような斜度だと想像します。
なんせ、止まって足着いてもズルズル下がるくらいですもんね。
MTBなら飛び降りちゃえばOKですけど
オフロードバイクこんなとこでコカしちゃうと
起こすのもたいへんなんじゃないでしょうか。

よかったぁ...自分は自転車で(^^)
  1. 2009/05/20(水) 11:00:59 |
  2. URL |
  3. あくせる #2ya7jnyc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ac105x.blog107.fc2.com/tb.php/283-c3a9c542
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

歯車時計(黒)

プロフィール

DRAGS-007

Author:DRAGS-007
種族:試乗大好きアルペンボーダー
レベル:上達心停止状態
生息地:緩斜面や勘違いバーン
好物:砂利道、坂道、洞穴、ダムカ、etc

記事に関する御意見/クレームは[コメント]へお願いします。どなたでも古い記事でもお気軽にどうぞ!

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ