IMPRESSION

ヘタクソアルペンボーダーの道具に依存したインプレと、 方向音痴オフロードバイク乗りの林道迷走日記

プレート取り付け説明書

「プレートの取り付け方が分からない」とのお電話を頂きましたので、
前から載せとこうかと思ってはいたのですが、今書きます(-w-)ノ

180111cr.jpg
①スタッドピンを六角レンチの穴を上にしてインサートホールに入れます。

180111cr (2)
②工具を使わずに、手でインサートホールの底まで入れます。

180111cr (3)
③ワッシャーを置きます。
ワッシャーにも裏表があるので、ややなめらかになってる面が板側になる方が良いでしょう。

180111cr (4)
工具を使わずに、手でエクステンションを取り付けます。
最後まで締めなくてもいいです。

180111cr (5)
六角レンチ3mm(?)と10ミリメガネ(スパナ)を用意します。

180111cr (6)
六角レンチで中のスタッドを一周半から二周、緩めて底突きを防ぎます。

180111cr (7)
六角レンチの位置を変えずに、スパナでエクステを締めます。
これで固定は完了です。

180111cr (8)
ポリカーボネイトの輪っかを置きます。

180111cr (9)
その上にケブラーの板を置きます。

180111cr (10)
逆に板が下で輪っかが上でもいいです。

180111cr (11)
前年度モデルのこの部分は一体型でした。
こっちの方がルックス的に気に入ってたんですが、バラの方が動きが良いと思います。

180111cr (12)
後は本体を置くだけです。

180111cr (13)
穴位置で広げる事もできます。
因みにウェストが広い板に広げて付ける方が、より効果が分かり易いと私は思います。
なのでフリースタイルがメインで、フリースタイル用を使った人はより効果を感じてるんじゃないでしょうか?

180111cr (14)
最後にビンディングを普通に付けるだけ。
ビスは普段使ってる長さの物をそのまま付けて下さい。長いのとかダメですよw

※最後に1つだけ注意点※
180111cr1.jpg
サラサラの時はならないのですが、湿り雪の日は何回か滑ると下に雪が固まってしまう時があります。
こうなると弾かれたり思う様に動けなかったりなるので、面倒臭がらずに雪を取ってからリフトに乗りましょう。

  1. 2018/01/11(木) 22:05:49|
  2. アルペンとかフリースタイルとか
  3. | コメント:0
<<EQUIPEPEPE | ホーム | ステッカーとかビンディング>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

歯車時計(黒)

プロフィール

DRAGS-007

Author:DRAGS-007
種族:試乗大好きアルペンボーダー
レベル:上達心停止状態
生息地:緩斜面や勘違いバーン
好物:砂利道、坂道、洞穴、ダムカ、etc

記事に関する御意見/クレームは[コメント]へお願いします。どなたでも古い記事でもお気軽にどうぞ!

カテゴリー

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

月別アーカイブ